結婚式のプレゼントのマナーについてチェックしましょう

マナーの重要性

結婚式のプレゼントを選ぶ時にはいくつかマナーが存在します。ここではそのマナーについて代表的なものをお教えします。せっかくのプレゼントなので、失礼のないようにしましょう。

マナーについて知ろう

花

切れる・壊れる・割れる

結婚式という祝いの場で、切れる・壊れる・割れるというキーワードを連想させるような贈り物は避けるべきです。新郎新婦からご両親へ贈る際も気をつけましょう。
なぜなら、縁が切れる、夫婦仲が壊れるといったマイナスイメージの連想につながるからです。
具体的には、ハサミや包丁、陶器や鏡などは避けたほうが無難でしょう。
通販サイトでは、ご両親向けのプレゼントとしてオーダーメイドの時計といったものが人気がありますよ。

異性の新郎新婦への贈り物

友人から結婚祝いとして異性の相手にプレゼントを贈る時に気をつけたいのは、装飾品や衣服といった身につけるものです。
こういったものを個人的に贈ると、周囲に妙な誤解を与えかねません。
もし贈るならばペアになっているようなものにするか、もしくは友人代表などと一筆添えるといいでしょう。

無くなってしまうもの

切れる・壊れるといったもの以外にも、使用すると無くなってしまうもの・消えてしまうものも基本的にはNGです。
結婚式は永遠の愛を誓う場なので、上記のようなことを連想させるものはやめておいたほうが良いでしょう。
具体的には、食べ物や入浴剤といったものが該当します。

日本茶

日本茶は、お葬式といった弔事に用いられることが多いため、結婚式のような祝いの席でのプレゼントとしては不適切です。
日本茶ではなく、紅茶やコーヒーはプレゼントに利用されるので参考にしてくださいね。

白い無地のハンカチ

これも弔事に関連付けられるのですが、白の無地のハンカチは、ご遺体の顔にかける白い布を連想させてしまうため、結婚式ではタブーとされています。また、ハンカチは漢字で手巾とき、手切れと読むこともできることから、絶縁を連想させるのでNGとされています。